シミ治療で悩みを解消する【美容整形は女性の味方】

汗の分泌のコントロール

脇に触れる女の人

症状に適した治療

多汗症の症状には様々なものがあります。汗をかくという行動は人間の体にとって必要な仕組みの一つで、汗をかくことで体の温度が必要以上に上がらないようにする作用があります。気温が高い時や運動をした時などは働きが強くなるため、汗をかきやすくなります。しかし、多汗症は体にとって必要な汗の量以上に分泌されることが多く、汗が出ているというよりは水で濡れているような状態になります。内臓の疾患や汗腺、神経の異常によって発症することもありますが、原因不明の場合も多いです。全身の汗が大量に出るものもあれば、手のひらや脇、足の裏など特定の部位の汗が大量に出るものもあり、それぞれの症状に適した治療を行う必要があります。

治療の種類

多汗症の治療の種類には、比較的症状が軽く一部の汗が気になるような場合であれば外用薬を使った治療法があります。発汗を抑える成分が含まれた薬剤を患部に塗るという治療法です。わきの下や手の平、足の裏などの多汗症の治療には、専用の機械を使って患部に電流を流すことで治療をするというものです。また、ボツリヌス菌を患部に注射することで汗の分泌を抑える治療法もあります。他の治療法としては、手術を行うことで神経を遮断する方法などがあります。多汗症の状態や部位によっても、ふさわしい治療法はそれぞれ違ってくるため自分の症状に適した治療法を選ぶことが大切です。多汗症の治療は、皮膚科や美容クリニックでも行われています。