シミ治療で悩みを解消する【美容整形は女性の味方】

汗の分泌のコントロール

脇に触れる女の人

多汗症の症状には全身性のものや一部の部位だけに症状が起きるものなど様々なものがあり、治療法も異なるため症状に適した治療法を選ぶ必要があります。多汗症の治療は、皮膚科または美容クリニックでも行われています。

More Detail

シミに効くクリーム

笑顔の女性

使う時の注意点

ハイドロキノンやトレチノイン軟膏は、シミ治療に使われているメラニンを消す効果がある漂白剤です。ハイドロキノンは医薬品にあたるので、市販のハイドロキノンクリームに配合できる量は薬事法によって制限があります。濃度は多くても4%程度です。ハイドロキノンはとても効果が強いため、使い方を間違えるとますますシミや色素沈着が濃くなってしまうことがあります。また、皮がむけることがあるので、その場合は使用を中止して様子を見るか、クリニックに行って治療を受けることをお勧めします。トレチノイン軟膏はシミからはみ出さないように塗る必要があります。シミからはみ出してしまうとシミ以外の肌が白くなってコントラストがついてしまいます。

しわ取りもできる

美容皮膚科クリニックに行ってシミ治療をすれば、市販品よりも高濃度なハイドロキノンとトレチノイン軟膏を出してもらえます。皮膚科のドクターが自分のシミの状態にあった濃度の軟膏を処方してくれるので安心です。また、正しい使い方を指導してくれて、月に一回の経過観察もあります。シミ治療に使われているトレチノイン軟膏には、できてしまったメラニンをリセットする効果があります。また、真皮に働きかけてコラーゲンの生成を促進する働きもあるので、欧米ではしわ取りクリームとしても大人気です。シミ治療のために使うハイドロキノンやトレチノインは高濃度ですが、しわ取りクリームとして使う場合は濃度が低いものを処方してもらう必要があります。

メス不要の手軽な整形手術

施術中の女性

美容医療の進歩によって、ほとんどの美容整形がメス不要でできるようになりました。メスで切開しない簡単な美容整形プチ整形は、リスクやダウンタイムがほとんどなく、今や美容外科クリニックの定番メニューとなっています。

More Detail

若返り治療

顔に触れる女の人

美容外科クリニックへ行って、肌のしわやたるみをなくす治療を受ければ、見た目だけでなく心まで若返らせることができます。以前は、メスでたるんだ皮膚を切除する外科手術がポピュラーになっていましたが、今後は注射を用いる方法が主流になっていくだろうと予想されています。

More Detail